JIS X 3010 プログラム言語C

プログラム言語Cについて日本語で書かれた唯一の規格書。

一般的に知られているANSI C (C89)から、C95、C99、C11を経て、C17が現在の国際標準規格として制定されている。 ライブラリの拡張や、変数宣言の柔軟性向上、複素数の扱いなど様々な点で改良が加えられ、最近のC11ではUnicode対応も注目点のひとつです。JIS X 3010は、C99をベースに規格がまとめられています。

ただし、現時点でサポートしているコンパイラが少ないことから、どの環境でも使用できる標準規格になっているとは言いがたい状況です。

JISの原本は、 「日本工業標準調査会 JIS規格番号からJISを検索」で「X 3010」を検索すると見られます。

C99/JIS X 3010 リファレンスシート

C99を基本とした、リファレンスシート(チャートシート)をあまり見かけないので、作成してみました。 C言語の日本語Reference sheet として、何かのお役に立てればと思います。ライセンスはCC By形式です。

A4形式両面印刷3つ折りでご利用いただくとちょうど良いように作成しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です