回路図記号

記号

旧記号と新記号

電気用図記号は、 JIS C 0617において1999年に標準化されていています。 これは、IEC60617で国際標準化された図記号に基づいています。

下の図を見てもらうと、同じ名称に対して二つの図記号があることに気づかれると思います。 これは、「JIS C 0301及びJIS X 0122」というMIL記号に基づいて標準化された旧記号があるためです。 現在は旧記号が廃止され、JIS C 0617を使用するようになっています。

特に、2004年以降の高校の教科書では、新記号で記述されていることから、若い人が旧記号を知らない状況になり始めています。

JISの電気用図記号は、 http://www.jisc.go.jp/app/JPS/JPSO0020.html から「JIS規格番号からJISを検索」で「C 0617」を検索するとみられます。

受動部品

名称 旧記号(JIS C 0301) 新記号(JIS C 0617)
抵抗器 MIL 抵抗器 IEC 抵抗器
コンデンサ MIL コンデンサ IEC コンデンサ
コイル・インダクタ MIL インダクタ IEC インダクタ

論理回路

名称 旧記号(JIS X0122) 新記号(JIS C 0617-12)
NOT MIL NOT  IEC NOT
Buffer MIL NOT  IEC NOT
AND MIL AND  IEC AND
NAND MIL NAND  IEC NAND
OR MIL OR  IEC OR
NOR MIL NOR  IEC NOR
ExOR MIL XOR  IEC XOR
ExNOR MIL XNOR  IEC XNOR

論理記号の入出力は、左側が入力で、右側が出力となります。JISに「信号の流れの方向は、原則として左から右とする。ある図記号の信号の流れの方向が右から左の場合には、図記号の説明として又は図記号自体に明示する。」と記載があります。

能動部品

名称 旧記号(JIS C 0301) 新記号(JIS C 0617)
オペアンプ MIL OPAMP  IEC OPAMP
 IEC OPAMP
真空管・電子管
(傍熱陰極型3極管)
directly heated cathode (Electron tube)  IEC electron tube ( Triode, with directly heated cathode)
真空管・電子管
(直熱陰極型3極管)
indirectly heated cathode (electron tube)  IEC Electron tube(Triode, with indirectly heated cathode)
真空管・電子管
(5極管)
Pentode (Electron tube)  IEC electron tube ( Pentode)
真空管・電子管
(5極管 内部結線)
Pentode (Electron tube)  IEC electron tube ( Pentode)
ネオン管・ネオンランプ
ガス入り冷陰極放電管
Neon lamp
Neon Indicator
IEC旧ネオン表示器記号(廃止)
Neon Indicator
Neon Indicator
IECガス入り冷陰極放電管
  • ネオン管は、詳細がよく分からないため、冷陰極管なども合わせて表記しています。詳細をご存じの方おられましたらご教授ください。
  • 3極管は、旧を傍熱型、新を直熱型と対応しない記号で記述していたため修正しました。お騒がせしました。

Comment & Feedback

electronic/symbol.txt · 最終更新: 2012/02/12 13:58 (外部編集)
site index Recent changes RSS feed site policy Driven by DokuWiki